フリープログラマに求められるスキルとは

フリープログラマは組織に属することなく、個別の案件ごとに契約を結んでプログラミングを行うことになります。そのためにクライアントとしては、フリープログラマを選ぶことができるために、求められる以上の品質を目指す必要があります。

そこで必要となるスキルは、どのような案件であっても仕様書に指定される機能をより少ないステップで動作するような、効率化を極める技術力です。フリープログラマとして立場から仕事を選ぶことはできますが、多くの依頼を受けるためにはバリエーション豊かな案件をこなすことが必要でしょう。そのための技術を常に磨くことを忘れない貪欲さも必要となってきます。

そしてそれがどのような難題であったとしても、適切なアルゴリズムを考え出すことのできる柔軟な発想力も求められることになります。アルゴリズムを元にするコーディングの技術とデバッグ能力、そして上手く動作しない時の課題発見と解決の能力も備えておくことが必要です。さらに完成しても品質を高める妥協の無さも必須です。

フリープログララマとして多くの案件を獲得するためには、当たり前の成果で納得するのではなく、ユーザーに感動すら与えるような高い品質へのこだわりも備えることが必要というわけです。指定されるプログラム言語も多岐に渡ることから、多くの言語に精通していることも大切です。また、自分自身の能力をいかに売り込むかといったプレゼンテーション能力も必要です。常に時代にニーズの先を行くつもりで勉強していく人こそが、将来的に長く活躍できる人材となるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です